マスク着用時、口呼吸になっていませんか?

こんにちは!倉島麻帆です。
GW頃から急に暑くなりましたね(^-^;
本日5/16「熊本日日新聞」の記事によると、
https://bit.ly/2Aua7sJ
 
「マスクをしていない時に口呼吸をしていると答えたのは12%
だったのに対し、
マスク下で口呼吸と答えた人は25%と倍増」
するそうです!
 
しかも、
「夏にマスクをすることはなかったので、
気温が上がると、息苦しさからさらに口呼吸が増える可能性がある。
口呼吸が習慣化すれば、
秋以降に風邪やインフルエンザにも感染しやすくなる」
との医学博士の見解も!

私の著書や話し方セミナーでも、
「息を吸うときは必ず鼻呼吸で」とお伝えしていますが、

◆鼻呼吸は
①空気中のウィルスやほこりを取り除くフィルターの役目 
②空気の温度を体温と同じ温度に暖める
という効果があります。

口呼吸をすると、喉の温度を下げてしまい、
ウィルスや花粉、ほこりがダイレクトに入り、免疫を下げ病気にかかりやすくなってしまうのです💦
 
また、口呼吸は「ハ~」「フ~」等の”リップノイズ”が入ってしまい、

聞き辛く、下品な喋りになってしまいます。

 

口呼吸の多い人には、
「夜寝る時に、口にサージカルテープを貼って寝てください」
とお伝えしています。

 

3週間ほどすれば、かなり鼻呼吸の習慣がつきますが、
長年の癖なので、半永久的に寝るときには口にテープを貼り、
鼻呼吸を習慣化してください。

 

ぜひマスクを付けても付けなくても、
普段から「鼻呼吸」を意識されてくださいね🍀


※倉島麻帆セミナーのご案内です!

🌟5/22(金)実力派アナウンサーから学ぶ
先生のための「オンライン授業で惹きつける声と話しかた」
https://jugyouken20200522.peatix.com/

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事