フェイスシールド or マスクでの登壇

フェイスシールドとマスクを使い分けています

先日、「フェイスシールド」を付けて初登壇🎤

秋葉原の公益財団法人様にて、約60名の講師の皆さまに

 

『人前での話し方・立ち居振る舞い』研修
をさせていただきました😊

 

受講者の皆さまは

 

ソーシャルディスタンスを取り、

 

ペア・グループワーク、シェアは無しで、
1人ワークのみでの開催。

 

今、このような形態での研修開催がほとんどです。

 

 

講師は

 

基本はマスク登壇です。

 

「笑顔の作り方」や「口の開け方」、

 

滑舌を良くする「舌の位置」や
「舌癖トレーニング」説明の時は、

 

よく見えるようにフェイスシールドで行いました。

 

フェイスシールドの方が声もよく出るので
マスクで話し辛い方にはおすすめです。

 

研修終了後

 

…ご参加者は、ほとんど男性講師の方々でしたが、
女性講師の方からも、終了後も熱心にご質問いただきました。

 

普段は 130名~260名の前でお話される方々で、
さすが皆さま、声も出てらっしゃいました!

 

おかげさまで好評をいただき、

秋に第2弾 研修のご依頼もいただきました。

 

皆さまも引き続き、ご自宅でも発声・滑舌練習を行い、

ご質問等ございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

 

また次回お目にかかれるのを楽しみにしております✨

 

—————————
・倉島麻帆 公式LINE登録 ⇒ https://lin.ee/gxmw6RT
(印象アップの話し方 3つの動画をプレゼント🎁)

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事