伝わる「プレゼン」のコツとは?澤田経営道場にて今年も講師を務めました。

H.I.S.会長 兼 社長の澤田秀雄さんが
プロの経営者育成のために立ち上げられた、
公益財団法人「澤田経営道場」にて、
伝わる「プレゼン」のコツとは?
 
昨年に引き続き、
 
◆『リーダーに求められるプレゼンテーションスキル』
 
を担当させていただきました。
 
今年は初めてZoomでの開催!

伝わる「プレゼンテーション」のコツとは?
 
 
私は「プレゼンテーション」について、
 
★ロジック
〈左脳的要素:理論・理屈、根拠、数字・データ、エビデンス等〉
 
★エモーション
〈右脳的要素:感情訴求、声の抑揚・メリハリ、表情豊か、ジェスチャー、ストーリー等〉
 
の、両方を入れることが大切と伝えています。
 
プレゼンテーションのコツについて
 
ロジック(理論・理屈)だけで、たんたんと話しても

冷たい人、下手したら 小賢しい人となってしまうかもしれないし、
 
かと言って、
 
エモーション(感情訴求、情熱)だけで、中身がなくても

単に 熱い人、下手したら、痛い人、
 
みたいになってしまいますよね💦
 
 
また、左脳右脳が同じくらいのレベルで機能していることが、

もっとも脳のパフォーマンスも高めるので、

 

ロジックエモーションの両方に訴える」プレゼンテーションは、

脳にもいいんですね!

 

 

今回は特に、あなたの想いや情熱が伝わる、

 
そして、聴き手の感情を動かす
プレゼンテーション法について、
 
デリバリーを中心に
 
伝わる声の出し方や、姿勢・ジェスチャー、表情の作り方などについて
 
お伝えさせていただきました。
 
 
◆感情に訴える話し方とは?
 
お腹から声を出し、表情豊かに、
姿勢や身振り手振りも大切になってきます。
 
そして、あなた自身が
感情を込めること。
 
 
私は研修・講演のときは
 
「皆さん、大好きです」
 
という気持ちで、ベクトルを聴き手に向けて話しています。
 

「研修は楽しいなぁ」
「みんな、大好き!」 など、
 
あなたがどう思って話すかが、
 
脳波が共鳴して、聴き手にも伝わるのです。
 
結果、受講者も楽しくご参加いただけるのですね😊
 
 
…澤田経営道場の今年の6期生は7名。

 

様々なキャリアをお持ちの方々で、意欲的で本当にステキな皆さまです✨

 

次回は7月、「実践スピーチ講座」でまたお目にかかれるのを楽しみにしております!
 
◆澤田経営道場 https://sawadadojo.com/
 
◆倉島麻帆のオンライン個人レッスン https://kurashimamaho.com/personallesson/
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事