家族(職場)が仲良くなる話し方のコツとは?

とうとう、緊急事態宣言が5月いっぱいまで延長になりましたね。
 

うすうす気づいていたとはいえ、がっかりした方も多いと思います。
(私もです…😢

 
そんな気分が落ち込みがちな中、ご家族とどんな会話をされているでしょうか?

 

私は、(普段から意識していますが)もっとできるだけ、
家族を褒めたり、感謝を伝えるようにしています✨

 

 

◆ほめることは人を喜ばせるだけでなく、
 自分のセルフイメージも上げる◆
 
ほめる(承認)は、人間の強い欲求の一つです。
ほめられて悪い気がする人はいません。
 

人間は、

 

「認められたい」
「ほめられたい」
「肯定されたい」
「賛同されたい」
「賛成されたい」

 

100%の動物なのです!

 
※頭文字をとって「みほこさん」と覚えてくださいね!
人のほめ方の基本
 
Facebookが人気なのも、
「いいね!」ボタンを押してもらうことが「認められた」ことになるので、
とても嬉しいんですよね褒められる=認められる
 
ほめられると、脳内の線条体という部位の活動が活発化します。
これは、「お金・報酬を得た」のと同じくらい嬉しいのだそうです✨
 
また、潜在意識は、一人称で主語がありません。
 
人をほめていても、全て ”自分に言っている”と認識します。
 
自分をほめていることになるので、
 
自分のセルフイメージ(自己像、自己概念)も上げて、自信もつけるんですね。

 

 

◆ほめ言葉は「さしすせそ」と覚えよう!◆

 
それでは、ほめ方のポイントをお伝えしましょう。

 

「さしすせそ」と覚えてください。

 
さ…「さすが」「最高」「爽やか」
 
し…「親切ですね」「信頼しています」「信じてます」
 
す…「すごい」「ステキ」「素晴らしい」「好きです」
 
せ…「センスがいい」「世界一」「洗練されてますね」
 
そ…「尊敬します」
————————–
 
他にも、たくさんのほめ言葉がありますが、
まずは「さしすせそ」を覚えるようにしてください。

 

全部覚えるのが大変な方は、

 

「さすが!」「すごい!」「素晴らしい褒める言葉集
だけでもOKです。

「3S」と言います。

 

私も夫に対して、
「大好きだよ」「尊敬してる」と、

 

口に出して1日20回ほど言うことを心がけています。

 

特に夫は、ラジオディレクターなので、

 

心理学・NLP(神経言語プログラミング)のVAKモデルの、

典型的 A(Auditory・聴覚優位)タイプです。
 
言葉に出して言ってもらうことがとても好きなんですね。
(一人だと必ずラジオや音楽を聴いています)
 
 
◆男女別 ほめ方のポイント◆
 
また、「男女別ほめ方のポイント」もお伝えします。
 
●男性は、1番になりたいので、
大きくほめる、大げさにほめる(世界一、隊長、大統領、お殿様など)
男性のほめ方
●女性は、2番でもいいので、小さい褒めでOKで、
コンスタントに、とにかく沢山ほめることです!
 
バラの花束だったら、男性には大きな花束をいっきに渡すイメージ、
 
女性には1本1本バラを抜いて渡すイメージです。
 
ほめることはもちろん、ビジネスにも有効で、
承認されることでお客様も気分が良くなり、あなたのことを好きになり、
商品購入につながります。
 
私の周りの、部下に人気がある上司や経営者は、
皆さんそろって「ほめ上手」です。
職場で気に入られる上司のほめ方
 
私の前でも、「コイツ、本当に仕事ができる奴なんですよ!」と
本気で何度も部下のことをほめます。
 
そういう社長の会社は、どこも売上が上がり、どんどん事業も大きくなってるんですね!
 
ぜひ、家族や周りの人にも生かし、素晴らしい人間関係を築いて、
明るく楽しくお過ごしくださいね人のほめ方のまとめ
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事